読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてゆき

はてな + あわゆき

LINEスタンプ用 Illustrator テンプレートと書き出しスクリプト

Illustrator LINE Creators Market GitHub

うっかり3週間ぶりのあわゆきです。

LINE のクリエイターズスタンプを作るときに使う Illustrator のテンプレートのお話です。以前から GitHub で公開しているものをアップデートして、さらに画像書き出し用のスクリプトファイルも追加しました。

テンプレートについて

その名のとおりのもの。1ファイルでスタンプセットの全アイテムを作れるように、アートボードを配置したテンプレートです。制作ガイドラインで規定されている余白などもテンプレートレイヤーとして入っています。

今回の更新

『4列 × 10行』のアートボード配置に変更しました(以前は描き上げたアイテム数をカウントしやすいように『5列 × 8行』のアートボード配置だった)。

f:id:awayukinet:20140725121511p:plain

なんで4列なん

販売ページや実際のスタンプ使用時のレイアウトが4アイテム横並びなので、それに合わせた形です。

40アイテム全体を俯瞰したバランスや、販売ページを見る人(見込客?)へのプレゼンテーション、使用時の使いやすさを検討しやすくなるかと思います。というか、実際しやすいです。

その他には

テキスト情報(スタンプの名称や説明文など)を入れるスペースをなくして、代わりに制作時の補足事項を入れました。受託制作などでない限り、特にここに全部書き込む必要はないのですよね。多言語で用意するにはスペースを取り過ぎるし。

画像書き出し用のスクリプトについて

以前から考えていたのですが、この機に作成しました。 Script ディレクトリの publishStickers.jsx です。

前述のテンプレートで作ったドキュメントとあわせて使うと、スタンプ画像・メイン画像・トークルームタブ画像を一気に書き出せます。

イラストがすべて完成したら、 [ファイル] メニュー ⇒ [ スクリプト ] ⇒ [ その他のスクリプト… ] から(ショートカットは command + F12)、 publishStickers.jsx を選択してください。ダイアログで保存先を選択後、42点の画像が一気に書き出されます。

ファイル名は一括登録できるものになるので(アートボード名に依存)、確認後 zip 圧縮したら、そのまま登録ドーン!です。

なんでスクリプト使うん

まずは書き出しにスライスを使いたくなかったのがひとつ。

また、制作時にはアイテムにそれぞれアートボードをつけておいたほうが捗る一方で、書き出しメニューからのアートボード書き出しでファイル名の命名ルールがちょっと気に入らなかったのです。

これらを解決するためのスクリプトです。よかったらあわせてお試しくださいませ。

ダウンロードどうぞ

テンプレートのセットを丸ごとダウンロードするのはこちらからどうぞ。

LINEスタンプ制作用 Illustrator テンプレート(Zipファイル)

リポジトリはこちらです。

awayuki/linestamp-ai-template · GitHub

 

せっかくテンプレートも更新したので、また描きたいです。

寿司ゆき for エンジニャー を GitHub で作ってみます - はてゆき

こちらもすっかり止まってしまっていますし。お待たせして申し訳ありません。がんばります。